アーカイブ

http://toyokeizai.net/articles/-/55553

更新情報

2015-03-23
相続税対策は早めにしておくほうが良い理由の情報を更新しました。
2015-03-18
当サイト更新者の情報を更新しました。
2015-03-18
相続税の控除の「贈与税控除」「配偶者の税額控除」「未成年者控除」の情報を更新しました。
2015-03-18
相続税の控除「障害者控除」「相次相続控除」「外国税額控除」の情報を更新しました。
2015-03-18
相続税を理解するために相続人を理解しておこう!の情報を更新しました。

相続税対策は早めにしておくほうが良い理由

相続税を申告しなければならない人たちは全体の5%程度であると言われています。
大きな土地を所有している地主さんの場合は不動産という高額資産があります。
この5%に入る確率はとても高いでしょう。
今回は、【相続税対策は早めにしておくほうが良い理由】について解説いたします。
地主さんに課税される税金としては「相続税」「固定資産税」「所得税」があり、固定資産税と所得税は毎年納税しています。
ですが、大抵の人たちは相続税のことを意識していません。
bgfs

■借金になるリスクもある

ですが、この相続税は注意しておかなければ借金をかかえるようなケースもでてきます。
何もなければ問題ないですが「死亡」ということが起こると借金になるリスクもあります。
実際に相続する段階になって、税金を納めようとしても高額で収められない事案も多いです。
――そんな場合は土地を売ればいい?
けれども、土地の評価額が下がってしまい相続税破産になってしまったらどうでしょうか?

■早い段階で納税資金の準備ができるか考えよう!

適切な対策をしておけば節税も可能になるのです。
相続税対策をしていても、それほど大きな節税にならないという人もいます。
けれども、実際には対策をすればするほど余分な税金が課税されることはありません。

■一番大切なことは相続のトラブルで家族間で揉めないこと!

家族の絆がバラバラになってしまったらお金ではとりかえしがつきません。
より多くの財産を分け合えるには事前準備がとても大切ですし、遺産分割も納税もスムーズです。
相続税対策をしておけば所得税や固定資産税も節税できるからメリットは多いです。
土地建物をたくさん所有している地主さんの場合は相続税対策をしておくことが大切です。
今回は【相続税対策の具体例と覚えておきたい日付】について解説しまう。

■予想される相続税が計算できたら土地建物の不動産を次のように分類すると明確になる

1番目は<将来に渡って所有し続けるもの>です。
例えば、「自宅の敷地」「マンション」「アパート」などが該当するでしょう。
2番目は<相続税納付用のもの>です。
brtrs
例えば、「駐車場」「資材置き場」「空き地」などで転売ができる土地でしょう。
3番目は<有効活用するべき不動産>です。
1番目2番目に該当しないものです。

■相続税対策案ができたらベストな方法を実行しよう

<有効活用するべき不動産>をどのように節税対策するかを考えるといいでしょう。
「税金面」「収支面」「損益面」でのメリットを検討します。
その結果、あなたに見合ったベストな計画案を採用して実行します。
不動産所有者にもっとも気にしなければならないことは<土地の面積が広いこと>ではありません。
<その土地からどれだけ稼ぐ事ができるのか>が大切です。
巨額の相続税を支払って不動産を相続しても収益性が悪い土地を残しても意味がないです。
相続税申告でお困りの方、税理士法人チェスターなら最良の相続税申告をお手伝い致します。一度ご相談ください。

■覚えておきたい日付

「遺言書の確定」「遺産分割協議書の作成」など相続税申告書の作成までにするべきことが相続する場合には多いです。
1番目は<相続税の申告期限>ですが、これは相続人が死亡した日から10カ月以内になっています。
2番目は<所得税の準確定申告>で、被相続人が死亡した年の1月1日から死亡した日の所得を死亡した日から4カ月以内に申告しなければなりません。
3番目は<相続放棄>と<限定承認>で死亡された日から3カ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。
<相続放棄>は、債務が財産より多い場合に行い、<限定承認>は引き継ぐ財産が債務より多いか不明な場合に、引き継いだ財産を限度として債務を弁済する方法になります。

ページ上に戻る